大岩川源太の経歴や人物像は?意外な一面も明らかに

大岩川源太 人物像 経歴

先乗り投資法ユーザーからの口コミ投稿一覧

大岩川源太の経歴や人物像は?意外な一面も明らかに
★★★★★
源太カレンダーを丸のまま参考にすることはないですが、投資の参考にさせて頂いています。
- 匿名

大岩川源太の経歴や人物像は?意外な一面も明らかに
★★★★★
源太カレンダーを丸のまま参考にすることはないですが、投資の参考にさせて頂いています。
- 匿名

大岩川源太の経歴や人物像は?意外な一面も明らかに
★★★★☆
大岩川源太ってTVとかにも出演していたんですね。ラジオしか知りませんでした。
- 橋田

概要だけをギュッと凝縮。大岩川源太の経歴や人物像をご紹介

 

・最終学歴は、現偏差値が42.5~45.0程度の桃山学院大学卒業。

・金融業界一本の経歴なので男気は強め。

・歴史と共に流れる経済の動きをしっかり読めている。

経済や市場への反乱が起きた時は退社や辞任などの選択をとる事が多い。

・結構商売気が強めなので、過去の出演していたコンテンツは盛り沢山。

・2022年5月現在、出演しているコンテンツは“0”。

・総じて、このように多くの株サイトを比較検証している当サイトからすると優秀なアナリスト。

 

上記の内容が、今回の重要な要点となってきます。

大岩川源太の経歴や人物像は気になるけど、全部の文章を読むのは忙しくて大変。

そのような方は是非参考にしてみてください。

 

新たな切り口でみる、大岩川源太とは

 

今最も目にする機会があるのは、YouTubeの広告でしょうね。

または投資顧問サイトについて調べている時、“大岩川源太”という名前を一度は目にした事があると思います。

しかし名前までは知っていても、大岩川源太が一体どんな人物でどんなコンテンツを扱っているかまでは知らない方が多いと思います。

 

アナリストを務める投資顧問の性格は、教えられる投資スタイルにも深く影響します。

例えば…

「落ち着いた性格の人は、株価の動きをじっくり見守る長期投資が得意」

「物怖じしない、自分の考えを貫き通せる方は短期投資(デイトレード)が得意」

といったような違いが出てくる事もあるのですね。

 

ただ、大岩川源太の性格や経歴だけを単に洗い出したら、睡眠導入剤のような解説になってしまいます。

そのため今回は新たな切り口で大岩川源太の人物像・経歴を洗い出してみました。

歴史の流れに沿い動く、大岩川源太

 

大岩川源太の生まれは、昭和33年(1958年)だとされています。

歴史をひも解くと、1958年は1954年から1973年11月まで続いた高度成長期の真っ只中で変化の多い時代を歩んできた事が分かりますね。

 

きっと、その激動の時代を生きてきた経験も株式投資に活かされているのでしょう。

そして更に調べていくと、大岩川源太の最終学歴は大卒である事が分かりました。

1974年4月 山口県立高森高等学校入学
1977年3月 山口県立高森高等学校卒業
1977年4月 桃山学院大学入学
1981年3月 桃山学院大学卒業

最終学歴である桃山学院大学の偏差値は、2022年の段階で42.5~45.0程度です。

中堅私大が50前後の偏差値と言われているので、42.5~45.0という数字はやや低く感じるかもしれません。

 

しかし大学の評判を確かめた所、どうやら桃山学院大学は年々偏差値を落としているとか。

大岩川源太が入学した時は50程度の偏差値があったという話もあるので、最終学歴は中堅私大と言っても誤りではないでしょうね。

 

大学卒業以降の経歴

 

まずお伝えしたいのが、大岩川源太だけに絞った経歴です。

1981年4月 今川証券(現リテラ・クレア証券)入社。                    株式ディーラー・事業・金融法人(公的年金)を担当
1997年2月 今川証券退社
1998年1月 株式会社アセットレボリューションを設立
2003年 業界紙証券新報社の副社長に就任。アセットレボリューションと新報投資顧問の合併に伴い会長職を兼任
2006年 新報投資顧問を退社、評論家活動に入る
2011年 ルナージア・インベストメントに入社
2013年 ルナージア・インベストメント社長に就任。会社名を過去と同じアセットレボリューションに変更
2016年 アセットレボリューション退社。評論家活動をしながら、投資顧問「株式会社新生ジャパン」に在籍
2018年 株式会社源太塾設立
2022年1月 新生ジャパン投資顧問の代表取締役前池秀樹とパーソナリティーを務めていた源太緑株教室終了

 

1900年代から2000年前半は金融業界にとって激動の年とも言われています。

経済史をひも解くと、今は根付いているものの、当時は斬新と呼べる程の法改正が何度か行われていますからね。

また情勢により、大きな株価の変動も少なくない回数起きているのが分かっています。

 

1998年6月 金融の各業態をこえた自由化と規制緩和をはかる、金融システム改革法成立
2001年 証券市場の改革促進プログラム発足の元、貯蓄から投資へのスローガン打ち出し
2005年7月以降 日経平均が1万2000円から1万6000円台に回復するなど。急激な株価上昇
2006年1月 ライブドアショックにより株式市場の全体的混乱が起こる
2007年 サブプライムローンの焦げ付きなど、世界的金融危機発生
2011年 世界同時株安、為替市場の変動などといった世界的な金融市場の混乱。国際機関やアナリストも経済事情の見直しに入る。
2016年 マイナス金利が導入されたが、円高・原油安などから日経平均株価下落。急騰と急落を繰り返す波乱の年に。
2018年 2度1000円超下落など。株価の乱高下が続き、個人投資家の動きが鈍る。

パッとご覧になってみて「こんな事もあったな」と感じる出来事もあるのではないでしょうか。

こちらを大岩川源太の経歴と合わせていくと…

 

2006年1月ライブドアショック発生。株式市場の混乱の年に大岩川源太は新報投資顧問を退社。評論家活動に入りました

 

2018年2度の1000円超下落など。株価の乱高下が続き、個人投資家の動きも鈍ったときに株式会社源太塾設立

 

一部をご紹介していくと、上記のような形になっていきます。

決して偶然ではないかみ合わせが多々起きていました。(経歴の詳細はこちらの記事でも解説しています)

 

もし経済や市場の歴史を先読みし、前々から危機に備える動きを見せていたら先見性のあるアナリストと言えます。

大岩川源太は、確かに歴史の流れを読めていると感じる部分もありました。

 

しかしどうやら、経済や市場への反乱が起きた時は退社や辞任などの選択をとる事が多いようです。

逆に相場が好調な時は表立って動かれる傾向があるようなので、乱高下する相場の時はどのような動きをするか読み切れない部分もあります。

このような事からも、今後経済や市場に何か大きな混乱が起きた時は『撤退』もしくは『新たな事業への転換』をしていく可能性があるので、利用を考えている際は動向に注視していく事をおすすめします。

歴史をひも解く中でみえてきた、大岩川源太の人物像

 

先ほど経歴と歴史を重ね合わせる中で大岩川源太の性格も薄っすらとみえてきたと思います。

会社を興したり、畳んだり、投資顧問に専任したりと、第三者側からしたら「何だか忙しないな…」と感じる部分も確かにありました。

 

しかし投資の世界というのは常に不安定です。

そのような世界を生き抜く為には、やはり“臨機応変さ”が重要になってきます。

 

つまり大岩川源太は、臨機応変さが備わった正確に加え、金融業界一本に自分のキャリアを絞る男気も持ち合わせているということ。

流石は変動の激しいバブル前、バブル渦、バブル後を生き抜いただけありますね。

 

大岩川源太の出演メディア

 

経歴や人物像。

これらの詳細にもしっかり触れる事が出来ましたので、次に調べていったのは大岩川源太が『出演経験のあるメディア』『今も出演しているメディア』についてです。

残念ながら、現段階で大岩川源太が出演しているメディアはありませんでした。

しかし過去に出演した事のあるメディアがあるようなので、そちらをご紹介させて頂きます。

 

BS放送「源太の即効投資戦略」

2004年10月から2006年2月に放送していた番組になります。

残念ながら番組の内容に触れる情報は見つかりませんでした。

 

週刊オリラジ経済白書 

2007年4月17日から2008年3月11日に放送していた番組になります。

毎週火曜日に放送されていたクイズバラエティ番組で、大岩川源太は独特の分析と口調で話題になったそうです。

 

 

ラジオ日経 源太緑星株教室 

2016年から2022年1月18日に放送されたラジオ番組になります。

源太緑星株教室では、かねてから交友のある新生ジャパン投資顧問の前池秀樹とタッグを組んでいます。

的確な銘柄分析というよりは雑談形式で現在の情勢や相場の流れを知る事ができ、中々の人気があったようですね。

⇒源太緑星株教室の詳細はこちらの記事でも解説しています。

 

 

とれとれTV

戦的株式市場解説と企業情報が知れるコンテンツです。

無料放送と有料放送の二種があり、口コミによると、有料放送では今話題の銘柄情報なども知れたようです。

ただ中には旬を過ぎた銘柄情報が提供されたという声もある為、そのような口コミが重なり集客できず、終わってしまったのかもしれません。

 

日経マネーデジタル 大岩川源太の株・1WEEK

今の相場の流れや銘柄情報を解析する雑誌になります。

コラム的なもので今の相場の流れを踏まえた、所感的なものを書いていたのでしょうね。

 

日本証券新聞兜町ネット 大岩川源太の朝の一言

証券の歴史を知る日本最古の証券専門紙と言われています。取材で掘り下げた株式情報を掲載しているという事なので、取材を受けた上で今の相場の流れなどを解析していたのでしょう。

 

マーケットの魔術師 ~日出る国の勝者たち~ Vol.30

2009年発売のCDコンテンツになります。

2009年の株式相場を大岩川源太独自の目線で解説したものになります。

インタビュー形式なので相場の流れを把握しやすいという口コミもありましたが、あくまで販売日は2009年です。

そのため、大岩川源太自身のファンでなければ購入する意味はあまりないでしょう。

また今の相場を解説したCDは発売されていないので注意してください。

 

 

源太ライブ

こちらが大岩川源太が提供するコンテンツの中で、最も新しいかもしれませんね。

大岩川源太は『Gentajuku lnc』というYouTubeチャンネルを解説しています。

2022年5月段階で、チャンネル登録者は3830人。

定期的にライブ配信されており、内容は現相場をサクッと解説したものになります。

⇒Gentajuku lncの詳細はこちらの記事でも解説しています。

 

以上が現段階でヒットした、大岩川源太が出演したメディアの詳細になります。

テレビから雑誌まで、手広く出演している事が分かりますね。

 

ただどれも終了してしまっている事から、大岩川源太の人気が今の時代に合わせ、段々と下火になってきているのかもしれません。

インターネット投資顧問が物珍しかった時代は、もう終わりましたからね。

今の時代の流れに合った株情報を手軽に提供してくれる株サイトは色々ありますので、わざわざ大岩川源太という投資顧問を選ばないのかもしれません。

 

大岩川源太の提供コンテンツ

 

出演メディアの次はこれですね。

大岩川源太が提供しているコンテンツについて解析していきました。

コンテンツの詳細を解析する上で、まずご説明しなければいけないのは大岩川源太が関わっている会社についてです。

 

会社名:株式会社源太塾

設立年月:2018年3月

代表取締役:岩永勝美

所在地:東京都中央区東日本橋2-28-4 日本橋CETビル2階

 

会社名:株式会社カイザー

代表取締役:松尾 瑠雅

所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3

恵比寿ガーデンプレイスタワー 18階

 

そしてこちらは裏話的な豆知識なのですが…

株式会社源太塾の代表取締役、岩永勝美は大岩川源太の本名になります。

つまり源太塾は、本人が運営している会社なのです。

そんな源太塾では『源太会』というコンテンツが提供されています。

 

源太会で利用できるサービス

 

源太会は『スタンダード』と『バリュー』に分かれ、それぞれで利用できるサービスが異なってくるようです。

ただ、バリューコースは準備中の為、2022年5月段階で利用できるサービスは『スタンダード』になっています。

 

     提供内容     スタンダード      バリュー
即効投資戦略レポート
源太会セミナー/カレンダー解説
会員専用ページ
ベテランズクラブ
株式中継【源太ライブ】 ×
料金   総額18150円(税込) 準備中

 

とは言っても、上の表を見る通り『スタンダード』と『バリュー』の違いは株式中継【源太ライブ】のみになりますので、利用する際に大きな問題はないでしょう。

値段も株サイトの有料コンテンツとしてはお手軽で18150円(税込)と、手が出しやすい価格になっています。

一点だけ注意点があるとすれば、入会時は入会月を含む2か月分の会費を支払わなければいけないよ事ですかね。

それ以外は有料コンテンツの内容、価格共に、良心的な形となっていますので気になる方はチェックしてみてください。

 

先乗り株カレッジで利用できるサービス

 

”チャートを見ない株の裏常識で【10倍20倍を急騰を連発し】【7万円を1億円へ】【30万円を1億円へ】【半年で20億円へ】”

 

このような触れ込みで先乗り株カレッジは宣伝されています。(⇒先乗り株カレッジの詳細はこちらでの記事でも詳しく解説しています)

 

触れ込み通り、少ない元手を億単位の資産に倍増出来たら、個人投資家の中でもトップに立つ事が出来ますよね。

ただ投資の世界で億単位のお金を稼げる方は極々一握りです。

その中でこれだけの高騰を期待できるサービスとは一体どんな内容なのか、詳しく調べていきました。

優良な銘柄選定方法を知れる、源太指数
ベストな売買時期を知れる、源太カレンダー
適切な資金配分を決定する、資金管理術

 

先乗り投資法は、この三つを合わせて“三種の神器”と呼んでいるようです。

どことなく言葉のチョイスが昭和感を漂わせていますが、三種の神器の内容は“確か”と言えるものです。

3ステップの完全テンプレート化でどんな初心者でも迷うことなく、株で勝てるようになると説明されていましたからね。

 

・源太指数⇒市場に5000以上存在する銘柄の中から、優良銘柄を探し当ててくれるサポートツール。

源太カレンダー⇒優良な銘柄を売り買いするためのポイントを解説してくれるカレンダー。カレンダーの情報は、過去の相場情報が基になっているらしいです。

・資金管理術⇒売買後の資産管理方法を教えてくれる、便利ツール。

 

つまり、三種の神器は『購入前から購入後』までしっかりサポートしてくれるという事ですね。

株式投資は『優良な銘柄の購入=勝ちが確定』という訳ではないので、確かにこれだけのサポートは嬉しい限りです。

コンテンツ利用料は基本的に35万円となっていますが、それだけの価値があると判断する方はいらっしゃるでしょう。

 

ただ、気になる点は前述した源太会との差別化です。

源太会は月額制ですが、それでも利用料金に大きな開きがあります。

これほど大きく開いている理由を明確に説明されればいいですが、2022年5月の段階で価格差に触れる公式的な記述はありませんでした。

 

そのため、先乗り株カレッジの利用を考えているけど、価格の面で悩んでしまっている方は源太会の利用を検討してみてもいいかもしれませんね。

月額制なら、自分のタイミングで利用の可否を判断する事も出来ますからね。

 

ただ大岩川源太が関連するコンテンツの利用を考えた際、価格差に触れていないなど。

心の中で引っ掛かりを感じてしまっているようなら、別の株サイトを視野に入れてみてもいいかもしれません。

当サイトでは多くの株サイトを比較検証し、優良な株サイトをピックアップしていますので、是非そちらの記事も参考にして頂ければと思います。

 

 まとめ

 

高見
引っ掛かる部分もありましたが、大岩川源太は優秀なアナリストと言っていいでしょうね

 

いかがだったでしょうか。

以上がメディアへの露出も多数ある、大岩川源太の人物像や経歴になってきます。

証券会社への勤務経験があるなど、株のアナリストとして頼りがいのある部分が多数散見されましたね。

 

また2022年になった今も投資の最前線で活躍し続けている事から、どんな時代でも活躍できる“適応力”を持った方なのでしょう。

そのため、自分の投資方法に悩みを抱えてしまっているという方は利用を検討してみてもいいかもしれませんね。

 

ただ記事内でもお伝えした通り、源太会と先乗り株カレッジの有料コンテンツでは価格差に開きがありますので、注意して検討していくようにしましょう。

そして検討する中で他の株サイトも視野に入れる際は、当サイトがまとめた優良株サイトの紹介も是非参考にしていて頂ければと思います。

 

 

 

先乗り投資法への口コミを投稿する

名前
メールアドレス
評価
口コミ・感想