株価が上がる時、下がる時

株価が上がるということは、その会社・企業の株を買い付けている人が多いという事。
つまり人気のある状態です。主に業績が好調、配当金の増加、新商品の発表、企業の合併・買収により株価が上がるとされています。

株価が下がるということは、その会社・企業の株を売っている人が多いという事。
つまり人気がなくなっている状態です。主に業績不調、配当金の減少、会社・企業での法的問題発覚、同業他社の不振・倒産により株価が下がるとされています。