Q&A

投資に関するQ&Aはここで解決!

 

株式投資・株サイトに関するQ&Aはこのページで解決。

株の知識や用語を簡単に説明しています。

株式投資にまつわる有益情報を配信する株式情報サイト。
当サイトでは実際の利用者の意見を反映できるようアンケートを設置しております。株サイト選びにご利用ください。

株サイト(投資顧問)
顧客から預かった資産を運用し、運用手数料と運用益の一部を報酬として受け取る会社。
投資顧問は「投資助言代理業」と「投資運用業」の二つに分類される。
「投資助言代理業」は、顧客の投資に必要な投資材料や有益情報を配信し、判断材料になり得る株情報を配信しています。直接的な取引や売買を行ってはおらず、あくまでも投資のサポート役として存在しています。

「投資運用業」とは投資に関する判断、取引を顧客より受任する業務。顧客の希望であれば投資取引を全て代行できるという事。
「投資運用業」が可能な業務・サービス
・一任業務…決断代行を行い、関わる財産を上手く動かす行為について行うことが可能。
・法人資産運用業務…金銭・財産にかかわる事柄を上手く動かす行為について指示が可能。
・信託委託業務…委託希望者からそれらに関わる業務を依頼された上で、信託銀行との仲介役となり財産をうまく動かすことに繋がる指示が可能。
・自己運用業務・・・集団投資スキーム持分などの保有者から、出資を受けたお金に関わることや、財産を上手く動かすための業務が可能。

 

“正しい株情報と判断力”があれば儲かると言われています。自分に合った株サイトを選んで投資を有利に進めていきましょう。

株式投資で儲かる仕組みは、キャピタルゲインとインカムゲインの2つに分類されます。
キャピタルゲイン…株式の売買差益。
インカムゲイン…株式を保有することによって得られる利益。

株式投資で利益を上げるには、株価が上がる銘柄を見つけ出すことが必須となってきます。株価が上昇する前に安価で株を購入し、上昇しきったところで売り払ってしまえば大きな差額となりキャピタルゲインを得ることができるのです。人気の出る銘柄を探し出すためにはチャート分析・ファンダメンタル分析がなど様々な勉強が必要とされています。
インカムゲインは投資している会社・企業が実施する配当や株主優待で得られる利益です。

株式投資を行うメリットはいくつかあります。

①配当金
投資している会社が利益を上げると自分にも配当金が入ります。株の保有数によって貰える金額が違うので沢山持っていればもっているほど配当金も大きくなります。

②株主優待制度
投資している会社の株を保有しており条件を満たしていれば、投資している会社・企業の商品を安価で購入出来たり、施設の利用が割引されたり様々なサービスが受けられる制度です。

③株主総会
投資している会社の株を単位で保有している場合、株主総会に出席できるようになります。今後、会社・企業がどのような経営を行っていくか、どうすれば利益を上げられるのかという会議です。

④売買による利益
株価が安い時に買い付けて、高くなったら売るという行動を続けていけば必ず儲かります。もちろん上昇する予想だった株価が下降するケースもあるので、分析や信憑性の高い株情報を仕入れることが大切になってきます。当サイトでは実際の利用者の意見を反映できるようアンケートを設置しております。株サイト選びにご利用ください。

株価の動きをわかりやすく示しているグラフの事です。
チャートを見るだけで株価の「上がり」「下がり」が投資で分かります。成功するためにはチャートの分析が不可欠と言えるでしょう。

■チャートの基本・ローソク足
始値、高値、安値、終値といった株価の動向を示す4本の値段を1本の線で表している物を指します。ローソクの形に似ている為、こう呼ばれています。目先の相場展開を予想したり、相場の強弱を見るものとして使われています。ローソク足はチャート(値動きのグラフ)を書く場合に用いられ、相場の方向性を視覚的に読み取ることができます。

■ローソク足の種類
ローソク足には日足、週足、月足などがあります。短期のトレンドを見るには日足(ひあし)、中期には週足(しゅうあし)、長期には月足(つきあし)が向いているとされています。

株を買う為の流れをご説明します。

①証券会社に口座を開く
証券会社・ネット証券にて口座を開設。

②自分の証券口座にお金を振り込む
講座を作った証券会社によっては手数料がかからない所もあります。

③買う株を選ぶ
銘柄(株)と購入する株数を決めて注文する。銘柄選びに悩んだ時は株サイトを利用して有益な株情報を入手しましょう。

④取引成立(約定)

このような流れになっています。

投資にもリスクは存在します。株を購入した時よりも高い株価で売却すれば利益となりますが、買い付け時より安価で売却すると損失となります。当初の元本が増えることがあれば減る事もあるという事です。
当サイトで紹介している株サイトにはリスク対策の整った株サイトも存在しています。有効な株式投資を行う為にぜひ参考になさってください。

リスクとは予想とは違う動きをした場合は損失の事を指します。
株式投資に限らず、リスクにはリターンが比例する関係です。
株式投資では購入した銘柄や売買のタイミングで大きくリスクが変わってくるとされています。
ハイリスクハイリターンという言葉があるように、暴落した場合損失が大きい、高リスクな株を購入しても株価が上がれば得られる利益も大きいという事です。

投資で損失を出さないためには株式を安く買って高く売るが鉄則です。(逆に高く売って安く買うという空売りという手法も存在します。)これらを滞りなく行えればリスクを負うことなく利益を手に入れられるでしょう。投資で損失を出さないためにも、裏付けのある株情報と購入銘柄の選定、売買タイミングが重要となってくるでしょう。

株価が上がるということは、その会社・企業の株を買い付けている人が多いという事。
つまり人気のある状態です。主に業績が好調、配当金の増加、新商品の発表、企業の合併・買収により株価が上がるとされています。

株価が下がるということは、その会社・企業の株を売っている人が多いという事。
つまり人気がなくなっている状態です。主に業績不調、配当金の減少、会社・企業での法的問題発覚、同業他社の不振・倒産により株価が下がるとされています。

株価変動に大きく影響を与える“重要事実”を知る関係者が、情報解禁前にその株の売買を行う不正行為の事。

インサイダー取引を禁止する理由には、主に「投資者保護」、「金融商品市場への信頼確保」が目的とされております。
インサイダー取引規制に該当するのは会社関係者です。

1、上場企業の役員等
役員、社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パートなど
2、上場企業の帳簿が閲覧できる者
総株主の議決権、発行済み株式の3%以上保有する株主など
3、上場企業に法令上の権限がある者
許認可権限を有する公務員など
4、上場企業と契約、契約交渉をする者
会計監査を行う公認会計士、顧問弁護士、コンサルタント業者など
5、2又は4の会社関係者が法人だった場合
銀行の融資部門から伝達を受けた投資部門の役員など

個人投資家には無関係かもしれませんが、もし自身の働く企業の機密情報を手に入れた場合は注意が必要です。

テクニカル分析
株価や通貨などの値動きの推移をグラフ化したチャートを読み、過去の株価の動きから分析することを「テクニカル分析」といいます。 投資家の心理状態を分析し、今後の値動きを予測する手法です。株価の推移により分析を行う為テクニカル分析にはチャートが必要不可欠とされています。

ファンダメンタルズ分析
ファンダメンタルズ分析は企業であれば業績や財務状況を分析し、予測することで、その企業の株式を買いなのか売りなのかを判断します。国であれば経済状況や財務状況を見てその国の通貨が上昇するのか、それとも下落するのかを判断する事を指します。

翌日に株を持ち越さず、その日で売買を終わらせる事をいいます。
投資している会社・企業の法的問題発覚や倒産などによる損失が防げるといわれています。

1日に1回もしくは複数回の取引を行い、細かく利益を積み重ねる売買手法を指します。
場合によっては、1日で数百万円~数億円の利益を得られる(あるいは失う)など、他のトレード手法と比べ即時性・ゲーム性・ギャンブル性が強いとされている。
デイトレードを継続的に行っている人をデイトレーダーとよび、デイトレードを本業とする人を専業デイトレーダーと呼びます。

デイトレードは簡単そうに見えますが投資初心者には難しく、高い分析力が必要とされています。デイトレーダーのほとんどは一度で大きな額を投資し、すかさず回収するので利益も大きいですが下がった場合の損失も多いといえるでしょう。

株を買わずに証券会社から株を借りて、売りから始めること。
「高く売って安く買う」ことで利益を出すことができます。

空売りには空売り規制が入る場合があります。
空売り規制とは、大きく上昇する銘
株価が大きく上昇する銘柄は、株の購入者が多ため売られ始めると際限なく株価も安くなっていく傾向があります。そのため、一時的に空売りに規制を引くことで空売りできる値段を規制することがあるのです。

Load More