大岩川源太の経歴だけをピックアップ!

大岩川源太 経歴

先乗り投資法ユーザーからの口コミ投稿一覧

大岩川源太の経歴だけをピックアップ!
★★★☆☆
結構優秀な経歴だし、先乗りとか利用してみようかな
- 盛蔵

大岩川源太の経歴だけをピックアップ!
★★★★☆
へぇ、こんな経歴だったんだこの人。先乗り株カレッジは利用したことあるけど、値段分の情報をしっかり提供してくれる使いやすい株サイトだったよ。
- 工藤

歴史の流れが物語る、大岩川源太の隠れた一面とは

 

相場の流れを正しく読める優秀なアナリストほど、法律の改正や世の中の動きをしっかりと見ています。

では一体、先乗り株カレッジ多数のコンテンツに関わっている大岩川源太はどうなのか。

大学卒業後から2022年の経歴を確かめた所、時代の流れをしっかり読めているように感じました。

しかしただ読めているという訳ではなく、どうやら大岩川源太は相場が好調な時ほど、表立って動く傾向にあるようですね。

つまり大岩川源太は隠された一面として、商売気が強い傾向にあるという事ですが…

株のアナリストは稼ぐ事だけが目的ではありません。

 

優良な情報を顧客に提供する事が第一の目的と言えますので、大岩川源太は一体どのようなスタンスで株アナリストとしての経歴を積み重ねていったのか。

こちらの記事で紹介したのはほんの一部分になりますので、今からより深く分かりやすい形で大岩川源太の経歴を解説させて頂きましょう。

 

大学卒業後の経歴と歴史の流れをピックアップ!

 

今回は1981年から2022年までの大岩川源太をピックアップしています。

証券会社への入社から現在まで、一体どのような歴史を歩んできたのでしょうか。

 

経済の流れも絡めつつ、大岩川源太の経歴を一緒に確認していきましょう。

 

 1981年:証券会社へ入社

2度の石油ショックを経て、日本の景気が順調に回復。

まさに安定経済成長期という言葉がぴったりでした。

 

そのような中、大岩川源太は今川証券(現リテラ・クレア証券)に入社しています。

今川證券では株式ディーラー・事業・金融法人を経験していたようです。

 

当時は今と異なり、定年までの終身雇用が一般的でした。

価値観が今とは全く違っており、大岩川源太が入社した金融系はまさに花形と言える職業だったようです。

大岩川源太の社会人生活が華々しいスタートを切ったと言っても過言では無かったことでしょう。

 

初任給は低かったものの、そのまま会社に勤めていたならば年収数千万も夢では無かったはずですからね。

この後に大岩川源太がなぜ今川銀行を辞めることになったのかに注目です。

 

1989年:大岩川源太は勤続八年目に突入

三菱地所がニューヨークマンハッタンのビルを買収するなど。

円高ドル安を受けて、日本企業も活性化。

 

1989年の大納会で日経平均株価が3万8,915円という最高値に。

証券会社は、これからも株価が高騰し続けると信じ、栄華を極めていたと言います。

 

まさにバブル景気真っ只中の時、大岩川源太は勤続八年目に突入しました。

勤続八年目というと、会社では中堅の立ち位置です。

 

バブル景気+中堅の立ち位置ですから、当時は大岩川源太も中々に良い思いをされたのでしょうね。

ただ1989年後半に掛けて、誰もが沸いていた好景気にも段々と陰りが出てきます。

 

1990年:大岩川源太にも何か跳ね返りが?

1990年終わりの大納会では、日経平均株価が2万3848円まで下落してしまいます。

1年前の大納会では3万8,915円だったので、15,067円もの下落になります。

 

その為、ほとんどの証券会社がこの急落で大穴を開けてしまい、証券会社社員である大岩川源太も少なからず影響を受けてしまったでしょうね…。

また旧大蔵省は、地価高騰への対策として、銀行、生命保険、損害保険各社に、不動産業向けの融資全体の伸びを抑えるよう求める通達を出しました。

 

後に旧大蔵省の通達は、バブル崩壊の引き金にもなったと言われています。

 

1996年:大岩川源太にとって、これからの人生を左右する機転の年に

1996年は、金融業界にとって記録に残る年に。

当時の首相は、橋本龍太郎でした。

橋本龍太郎は、金融の各業態を越えた自由化と規制緩和をはかる金融市場改革(日本版ビッグバン)推進構想を打ち出しました。

 

金融市場改革とは、抜本的な金融市場の改革を進めていくものになります。

投資信託の銀行窓口販売解禁、株式売買手数料の自由化、持ち株会社制度の導入など。

今は当たり前に聞く単語でも、改革が進められた当初は革新と言えるもので、大岩川源太が務める今川証券にも激震が走ったでしょうね。

 

金融市場改革が押し出され、証券会社にも変化の波が襲い来る中、大岩川源太がどのような選択を取ったかはその後に注目です。

 

1997年:大岩川源太は今川証券(現リテラ・クレア証券)を退社。

バブル崩壊後、日本の景気は一向に回復せず、停滞と減退の動きを繰り返します。

景気がこのような状態であれば、株を購入する企業や人も少なくなってきますので、証券会社も資金繰りには困り果てたでしょう。

 

社員の給与カットなども十分考えられる為、大岩川源太は不景気に見舞われた今川証券(現リテラ・クレア証券)を退社します。

1981年から16年間も勤め上げた証券会社を退社後、大岩川源太は自身にとってよりプラスになる選択肢を選び取りました。

 

1998年:大岩川源太は株式会社アセットレボリューションを設立。

1998年、金融システム改革法が成立。

改革法成立に合わせる形で、大岩川源太は株式会社アセットレボリューションを設立しました。

 

この年を振り返ってみると、大岩川源太のように投資に関するアドバイスを授ける企業が増えたようです。

考えられる理由はいくつかありますが、その1つとして『機関投資家』の資金力増大が考えられます。

 

企業はバブル崩壊後、厳しいリストラの過程を経て『雇用・設備・債務』と3つの過剰を徐々に解消していきました。

同時にこの頃は経済復興に向け、企業成長が著しかったので、大企業ほど資本力が増しました。

 

資本の蓄積が進むと、資産運用の必要性から株式や債券など金融資産の多様化が進みます。

 

それにより、投資家の中でも巨額の資産や情報量を有する“機関投資家”がどんどんと成長。

個人投資家では、到底太刀打ちできない存在となっていったので、少しでも多くの情報を手にするためアドバイスを授けるサービスが増えていったのではと考えられます。

 

きっと大岩川源太も時代と共に動く経済の流れを感じ取り、いち早くインターネット投資顧問サービスを立ち上げていったのでしょう。

当時はインターネットも普及し始めの段階ですから、物珍しさで、証券会社時代よりも儲かったかもしれませんね。

 

調べていくと、証券会社は金融システム改革法成立により、得られる手数料が低廉化(ていれんか)してしまったようですので。

手数料は証券会社にとって、柱となる資金源ですので、働く従業員にも少なからずダメージがあったと考えられます。

 

 

2003年:アセットレボリューションと新報投資顧問が合併。

この年は、株価の上下が非常に激しい年でした。

2003年4月28日、日経平均株価は7607円88銭まで下落。

 

この数値はバブル後、最安値となるものでしたが、りそな銀行への公的資金注入()の決定で金融不安が後退したのに伴い、株価は急反発しました。

当時の株価の推移を確かめると、まさに右肩上がりという言葉がぴったりなので、下落時に仕込んだ方は中々の収益を見込めたでしょうね。

 

しかし、2003年の株価は決して安定的とは言えませんでした。

その為、大岩川源太もこれからを見据える形でアセットレボリューションと新報投資顧問を合併し、経営の安定化を図ったのでしょう。 

         

また合併と同時に業界紙証券新報社の副社長も兼任していたようです。

。(公的資金とは…金融システムを安定させる為に投入される政府財政資金の総称を言います。政府財政資金の資本になっているのは税金です。

2006年:新報投資顧問を退社、評論家活動に入る

この年は、投資家にとって試練の年だったとも言われています。

比較的直近の為、記憶に新しい方も多いでしょうね。

 

2006年1月16日に証券取引法違反容疑でライブドア本社に強制捜査が入ります。

この事をきっかけにライブドア関連銘柄だけでなく、株式市場全体が混乱し、影響は長引き続けました。

 

何といっても、強制捜査後の1月18日は日経平均株価が1000円近くも急落しましたからね。

大岩川源太も決して無傷ではいられなかったのでしょう。

新法投資顧問を退社後、評論家活動に専念し始めました。

 

一度表舞台から引っ込んだ大井川源太は、どのような動きを今後見せるのでしょうね。

 

2011年:ルナージア・インベストメントに入社

東日本大震災の発生やその後の原発事故の深刻化を受けて、日本の株市場は急落。

その後も相場は乱高下し続け、日本は歴史的円高に。

一時1ドル=75円32銭までになり、輸入企業の株価にも大きな影響が与えられました。

 

このように情勢が動く中、大岩川源太はルナージア・インベストメントに入社。

株価の動きが激しくなれば、個人投資家もより多くの情報を求めますので、投資顧問会社は儲け時とも言えます。

 

大井川源太も乱高下する相場に商売気をくすぐられ、入社を決めたのかもしれませんね。

 

2013年:ルナージア・インベストメント社長に就任。

この年は、アベノミスクで「円安」「株高」がもたらされた年でもありました。

アベノミスクの第一の矢である大規模な金融緩和、金利が大幅に低下。

その影響で円安が起こり、輸出採算が向上すると、企業収益に改善がもたらされ、株価が上昇していったと言います。

 

また、第2の矢である機動的な財政政策や第3の矢である成長戦略も株価の上昇に貢献したというので…この年は投資家にとって“儲けやすい年”でもありました。

株高により潤った投資家の話をよく聞きますので、大岩川源太も今だと思い、ルナージア・インベストメントの社長に就任したのでしょうね。

 

2016年:アセットレボリューション退社。新生ジャパンに在籍。

2016年は、投資家にとって“反転”という言葉がピッタリの年になりました。

 

前半は、世界景気への不安が広がり、円高・日経平均株価が急落。

後半は、世界景気が好転しつつも、円安・日経平均株価が急騰。

日本でもグローバル化が進み、今まで以上に世界景気と連動し、株価が動くようになりました。

つまり日本だけでなく、世界の情勢もより気にしなければいけなくなったという事です。

 

投資顧問も旧時代のやり方では通じなくなり、大岩川源太もアセットレボリューションを退社したのでしょう。

退社した後は評論家活動をしながら、投資顧問「株式会社新生ジャパン」に在籍したと言われています。

 

2018年:大岩川源太は株式会社源太塾を設立。

これまで投資というと、ある程度懐に余裕のある中高年世代が行う印象でした。

しかしその印象を覆したのが「つみたてNISA」です。

 

1月に少額投資非課税制度(NISA)の積み立て版「つみたてNISA」始まると、堅実な資産形成に興味のある若者の投資意欲が過熱化。

株式投資というものが、より身近な存在になってきました。

 

大岩川源太も投資に興味のある若年層を獲得する為なのか。

株式会社源太塾設立し、新たなビジネスを始めました。

 

2022年:メインパーソナリティーを務めていた、源太緑星ラジオ終了。

1月27日の日経平均株価が、一時2万6044円に落ち込むなど。

2022年の株式相場は、決して好調なスタートではありませんでした。

 

現在パンデミックは徐々に落ち着きつつありますが、ウクライナ情勢の問題などがありますので、相場は今後も安定的にはなっていかないでしょう。

その最中、2022年1月新生ジャパン投資顧問の代表取締役前池秀樹とパーソナリティーを務めていた源太緑星株教室が終了してしまいました。

 

源太緑星株教室は約6年ほど続いたご長寿ラジオですので、大岩川源太にも残念な気持ちがあったでしょうね。

またラジオの終了を機に、大岩川源太が出演するコンテンツはYouTubeコンテンツのみになってしまいました。

出演するコンテンツが少なくなれば、必然的に自身の実力をアピールする機会もなくなっていきます。

2022年以降、大岩川源太がどのような動きをみせていくのか。

当サイトでは今後も追い続け、調査していきたいと思います。

まとめ

 

高見
ただ経歴をみるだけでは分からない事も知れましたね

 

以上が大岩川源太の経歴と共に動いてきた歴史の流れになります。

 

このように改めて歴史の流れを振り返ってみると、様々な出来事が金融業界で起きてきたのが分かりますね。

 

特に金融業界下で革新と言えるのは…1998年周辺でしょうか。

手数料が自由化される前は、100万円以下の取引で投資金額の2%ほどが手数料として徴収されたと言われています。

つまり100円投資したら、2万円ほどの手数料が必要になったという事ですね。

それが今は、インターネット証券だと100円以下の所もあるので、株式投資も親しみやすくなったと言えるでしょう。

 

しかしだからと言って、迂闊な投資はあまりおすすめしません。

投資のアドバイスを貰う事が出来る株サイト選びも慎重に行った方が、堅実な資産形成をしていく事ができます。

 

今回、大岩川源太の経歴を歴史とともに確かめた所、最初にお伝えした見解通りに感じる部分が非常に多かったです。

『商売気が強く、相場が好調な時ほど、表立って動く傾向にある。』

こちらの点が株アナリストとして、重大な欠点になってしまう訳ではありません。

 

しかし商売気が強い分、乱高下する現相場では予想外の動きをみせる可能性もあります。

現に最近では、主力コンテンツであったはずの源太緑星ラジオも唐突な終了を迎えてしまいましたからね。

 

そのため、大岩川源太が関係するコンテンツはどちらかというと“チャレンジを良しとする冒険志向”の方に向いていると言えるでしょう。

 
もし自分は安定を重視する志向で、あまり冒険はしたくないという方は、他のコンテンツを視野に入れてみてもいいでしょう。

当サイトでは自分の志向にあった株サイトを選んで頂けるよう、下記のような形で優良な株サイトを比較しまとめた記事を作成しています。

 

紹介されている株サイトは様々な口コミの元、厳選したものになりますので、自分に合った株サイトを選んでいきたい方は是非チェックしてみてください。

先乗り投資法への口コミを投稿する

名前
メールアドレス
評価
口コミ・感想